組み立て

多くの組み立て作業では、ロボットが正確に位置を特定し把持する必要があります。これは多くの場合、さまざまな形状とサイズの小さな部品の取り扱いとなります。OnRobotの協働アームエンド・ツールは、生産スピードと品質を向上させ、コストを削減します。また、多品種少量生産を行う中小企業においては、配置転換が容易であるグリッパーは非常にメリットがあります。完全協働セットアップを使用することにより、作業者と並んでロボットとアームエンド・ツールを動作させることができます。また、ロボットに引き継がせることにより、作業者は繰り返しの多い単純な仕事から解放され、他の仕事に専念でき、さらに効率性が向上します。

Automatica 2018でのRG2-FT挿入アプリケーション

OnRobot RG2-FTは、RGシリーズの新バージョンです。指先に一体型の力覚トルクセンサーと近接センサーがあり、物体の状態を正確に検出します。このグリッパー・モデルは、精密な組み立てでの使用に特に適しており、Universal RobotsとKUKAの軽量ロボット、

動画を見る
Automatica 2018でのHEXとRG2のラム挿入アプリケーション

Electronic Assemblyとの協働アプリケーションに対応しています。OnRobot力覚/トルクセンサーとRG2グリッパーによるラムの挿入、

動画を見る
OnRobotピン挿入アプリケーション

以下のビデオは、OnRobotピン挿入アプリケーションと、OnRobot力覚トルクセンサーの支援によって、ピンを狭い穴に挿入する方法を示しています。これは、H7公差まで正確なフィッティングを行うための、迅速で丈夫なソリューションです。

動画を見る
OnRobot箱挿入アプリケーション

次のビデオでは、OnRobot箱挿入アプリケーションとOnRobot力覚センサーの支援により、バッテリーを電話機に挿入する方法をご覧いただけます。このソリューションにより、10ニュートン以下の力でも、小さな反力で正確な挿入プロセスを自動化できます。

動画を見る