表面仕上げ

OnRobotの表面仕上げソリューションは、あらゆる種類の複雑な外形に確実に追随し、プログラミングの時間を節約します。OptoForceのテクノロジーとソフトウェア・パッケージを備えたOnRobotの力覚/トルクセンサーは、ロボットが常に同じ力と速度を保つことを可能にします。短い統合と簡単なプログラミングで正確な表面仕上げを実現します。

表面仕上げの推奨製品

HEX研磨アプリケーション Automatica 2018
動画を見る
HEXバリ取りアプリケーション Automatica 2018

ロボットに力覚トルクセンサーを追加することで、ロボットに複雑な経路を教えることが容易になります。また、OnRobot HEXセンサーは、一定の力を維持する必要がある研磨やバリ取りなどの際に、完璧な表面仕上げを実現するのに最適です。

動画を見る
OnRobot力覚トルクセンサーによる金属バリ取り

次のビデオは、金属製ワークピースの盛り上がった端を、簡単に滑らかに削り取る様子を示しています。研磨またはバリ取りの作業では、事前定義された力の値を一定に保つことが非常に重要です。この作業は、先進的な力覚/トルク制御機能で実現することができます。

動画を見る
Polishing Metal Car Body with OnRobot力覚トルクセンサーによる車体の金属研磨

以下のビデオは、金属製ワークピースの盛り上がった端を、簡単に滑らかに削り取る様子を示しています。研磨またはバリ取りの作業では、事前定義された力の値を一定に保つことが非常に重要です。この作業は、高度な力覚/トルク制御機能で実現できます。

動画を見る
OnRobotの研磨:プラスチック製ワークピースの分割線を取り除くには

次のビデオは、OnRobot力覚トルクセンサーとOnRobotプラスチック研磨ソリューションを使用して、プラスチック製ワークピースの研磨が簡単に動作する様子を示しています。この例では、プラスチック製オブジェクトの分割線をすばやく簡単に取り除く方法をご紹介します。このソリューションは、産業オートメーションに役立ちます。

動画を見る