HEX 6軸力覚/トルクセンサー

OPTOFORCEの技術

 width =

OnRobotの6軸力覚トルクセンサーは、6度の自由力とトルク測定を提供します。当社のセンサーは、現在使用されているほとんどの産業用ロボット・アームに適合するように設計されています。市場のさまざまなインターフェイスと簡単に統合できます。一般的なアプリケーションには、力制御デバイス、ティーチイン・アクティビティ、クラッシュ検出などがありますが、研削、研磨、バリ取りツール使用時はエンドエフェクタの隣でセンサーを使用できます。

現在ご利用可能なモデル:
HEX-E/高精度
HEX-H/低変形

お見積もりを依頼する
包括的なソフトウェア・パッケージ
統合時間が20%短縮
使いやすい視覚的なユーザーインターフェース
複雑で高精度のタスクの自動化がたった15分で完了
事前にプログラムされた力検知アプリケーション
プログラミング・スキルは必要なし(ポインティング、挿入、ハンド・ガイディング、パス・レコーディングの入力)。
ご使用のロボットに触覚を追加
新しい自動化の可能性
人間の手の器用さを必要とするタスクを自動化
動作中に一定の力を維持
正確な作業を自動化し、生産における新しい品質標準を提供
HEXセンサーのビデオ
OnRobot 6軸力覚トルクセンサーがUniversal Robotsにセットアップ可能

以下のビデオは、OnRobot 6軸力覚トルクセンサーをURロボットに統合する方法を、素早く簡単な3つのステップで示しています。

動画を見る
OnRobotピン挿入アプリケーション

以下のビデオは、OnRobotピン挿入アプリケーションと、OnRobot力覚トルクセンサーの支援によって、ピンを狭い穴に挿入する方法を示しています。これは、H7公差まで正確なフィッティングを行うための、迅速で丈夫なソリューションです。

動画を見る
OnRobot力覚トルクセンサーによるプレゼンス検出

以下のビデオは、ロボットがOnRobotプレゼンス検知ソリューションとOnRobot力覚トルクセンサーの機能でどのように特定のオブジェクトの存在を検出するかを示しています。このソリューションがあれば、対象物が移動していても見つけることができます。OnRobotプレゼンス検知ソリューションは、産業オートメーションに役立ちます。

動画を見る
OnRobotの固定&回転 - 電球の挿入方法

次のOnRobot固定&回転アプリケーションは、バヨネットマウントで回転を使用して2つの部品を固定する方法を示しています。このビデオでは、電球がどのようにGU10ソケットに挿入されているかを見ていきます。

動画を見る
OnRobot力覚トルクセンサー付きハンドガイダンス

以下のビデオは、OnRobotハンドガイドツールバーとOnRobot力覚トルクセンサーの助けを借りてURロボットを滑らかに動かしている様子を示しています。このソリューションは、産業オートメーションに役立ちます。

動画を見る
OnRobotムーブ・アプリケーション:ロボットの移動を制限する方法

次のビデオでは、URロボットを動かし、衝突を回避する方法を説明しています。URロボットは、10N以上の力を感知すると停止する安全停止機能を内蔵しています。OnRobot力覚トルクセンサーとOnRobot Moveアプリケーションはこの停止機能を微調整するので、10N以下の最小の反力でも認識できます。このソリューションは、産業オートメーションに役立ちます。

動画を見る
OnRobotパス記録アプリケーション

次のビデオは、OnRobot力覚トルクセンサーを使用して、数分でパスを記録する方法を示しています。OnRobotハンドガイドツールバーのパス記録機能を使用すると、複雑なパスを簡単に記録できます。このソリューションは、産業オートメーションに役立ちます。

動画を見る

Receive a quote

Receive a quote

Receive a quote for: HEX力覚/トルクセンサー