CNCマシンへのRG2デュアルグリッパーの後付け

歯車製造会社のOsvald Jensenは、OnRobotのデュアルグリッパーを導入後、サイクル時間を12秒縮めることに成功しました
コペンハーゲンに拠点を置くこの企業は、OnRobotのRG2デュアルグリッパーをCNCに後付けすることにより、大きくサイクル時間を縮めました。そしてオペレーターが工場を離れても製造が続けられるため、生産性を大きく高めることに成功しました。 コペンハーゲン、DATE – 何年も前、Everett Dirksen上院議員は、「こっちに10億ドル、あっちに10億ドル、そのうち皆現実の金の話をしているだろう」と言いました。 ロボットワークセルのサイクルタイムを短縮しようとしている製造業者は、Dirksenの言葉を次のように言い換えるでしょう。「こっちに1秒、あっちに1秒、そのうち我々の効率、スループット、利益は大幅に改善されているだろう。」 製造業では数秒が重要です。コペンハーゲンに拠点を置く歯車製造会社のOsvald Jensenにとって、協働ロボット(コボット)は作業のスピードアップと工場の性能と生産性の向上を実現するソリューションとなっています。デュアルグリッパーの改善の余地
Osvald Jensenでは、OnRobotのRG2協働グリッパーとコボットを使用して、CNCマシンのロードとアンロードを行っています。ロボットは部品をロードし、プロセスが完了するのを待って部品をアンロードし、新しい部品をピックアップします。これは会社にとって最適なアプリケーションとなっています。しかし、このシングルグリッパーソリューションには、まだ改善の余地がありました。「OnRobotは、シングルグリッパーと比べてCNCマシンの生産性を向上させる、2つの物体を同時に扱うことができるデュアルグリッパーソリューションを開発しました。さらに費用効果の高い投資を行うことで、生産性をさらに向上させることができました」とOsvald Jensenの製造部長、Christian Viereck氏は述べます。サイクル時間が12秒短縮
OnRobotのシングルグリッパーとデュアルグリッパーのサイクル時間をそれぞれ記録したビデオでは、デュアルグリッパーの生産サイクルタイムの差がどのくらい大きなものかが明確にわかります。シングルグリッパーが27秒でタスクを実行するところを、デュアルグリッパーはわずか15秒後に終了します。会社はサイクルタイムごとに12秒節約することができるのです。このように、Osvald JensenはOnRobotのRG2デュアルグリッパーをCNCマシンに追加するだけで、非常に費用対効果の高い方法でCNCマシンの生産性を大幅に向上させました。オペレーターが絶えずその場にいる必要なし
これは、労働コストの高い地域ばかりでなく、労働市場が逼迫している国でも、製造業にとって有望な展望を示しています。フレキシブルで高速、そして価格が手頃なこのグリッパーに投資することで、既に設置されているCNCマシンの広大な可能性を生かすことができます。もう1つの利点は、RG2がオペレーターがいなくても作業を継続できることです。日が沈み、人間がその日の仕事を終えても、コボットと協働グリッパーは作業を継続し、生産性を大幅に向上させます。オペレーターがしなければならないことは、マガジンに原料を詰めておくことだけです。さらに、コボットを導入することで、作業員の退屈で単調な作業を減らし、物理的な作業条件を改善、人材はより高度な作業に時間を費やすことができます。そして予期せぬ副次的な利点は、CNCマシンがはるかに安定して繰り返し動作することで、理想的な公差に非常に近い部品を生産し始めたことでした。その理由は、温度、湿度などの変動が大幅に抑えられるからです。すばやいROI
Osvald Jensenでは、RG2のROIが大幅に向上しました。「デンマークのような高コスト国で競争力を維持し、同時に現代的な企業であることを実証するために、当社は最高の利益をもたらすテクノロジーに投資することに決めました。当社はCNCマシンに多額の投資を行いました。特に、OnRobotグリッパーなどの協働ロボットでは、コスト効率の高い方法で自動化することができます。その結果、2015年には最初のOnRobotグリッパーに投資し、3カ月以内に投資収益率を達成しました」と、Christian Viereck氏は説明します。アクセシブルな技術 – 小規模企業にとっても
近年、コボットや協働ロボットがいくつかの市場に広がっています。食品産業、健康産業、および製造業において多くの利点が見いだされ、協働ロボットがさまざまな日常業務で使用されています。簡素化されたオートメーション、安全でユーザーフレンドリーなアプリケーション、そして高い柔軟性により、コボットは人間の側に並行して動作することがはっきりしています。実際、反復的または激しい作業の軽減、エラーのリスクの軽減、学習の機会の創出など、人間の労働者に幅広い利益をもたらすことができます。これは、コボットの容易に維持可能な衛生レベルと安定した連続的な作業環境を維持する能力とともに、その高い精度によって実現します。コボットの人気の理由の一つはそのアクセシビリティですので、中小企業のオーナーでも、比較的手ごろな投資でオペレーションにコボットを導入することができます。軽量でコンパクトな設計で、統合が容易、移動も簡単です。コボットの簡単なプログラミングにより、新しいタスクや異なるタスクのための配置と再配置を同じように簡単に行うことができます。