OnRobotについて

OnRobotは、ロボット開発企業が集まるデンマークのオーデンセに本社を有するグローバルな企業です。弊社は、簡単な利用、費用対効果、人との安全な協働などをはじめとする協働ロボット導入の利点をフル活用する製造を実現する革新的なプラグ&プロデュース腕先ツールを提供しています。

ビジョン - 信念

弊社のビジョンは、協働腕先ツールを先導する企業として、真のプラグ&プロデュース機能で、顧客に革新的な協働ソリューションを提供することです。

それと同時に、「協力性を高める」ことを念頭におき、可能な限りユーザーフレンドリー、安全そして用途の幅が広い製品を設計してまいりました。

社歴

OnRobot A/S は、協働ロボットの継続的な成長の促進を目的とした革新的な腕先ツール3社の合併により2018年6月に設立されました。 弊社は、北米のPerception Robotics、ハンガリーのOptoForceそしてデンマークのOnRobot A/Sが合併し生まれた新しい会社です。強固な提携により、ロボットの腕先ツールの革新性と使用性を促進しています。

2015年に設立したOn Robotは、ロボットのアームに直接取り付けられるプラグ&プレー電子グリッパー— RG2およびRG6 —を開発しました。これはプログラムにおいても高い柔軟性を有し、シンプルなもので、エンジニアの手助け無しでもロボットとして同じインターフェースから運用が可能な製品です。2014年、 Bilge J. Christiansenは起業家精神に火が付き、革新的なケーブルレスのグリッパーの設計に着手しました。それにEbbe O. Fuglsangが参加し、ソフトウェアとRG2グリッパーのインターフェースの開発を進めます。2015年に、On Robotアプリが開発され、ヨーロッパで最初のグリッパーを販売することができました。販売業者のネットワークが出来上がり、2016年に、個人の投資家やThe Danish Growth Fundから、相当な額の投資を受けられるようになりました。 販売業者のネットワークは、アジア、北米、オセアニアまでに広がり、2017年そして2018年には、アメリカ、マレーシアそしてドイツで事務所を展開し、販売業者のネットワークは40か国以上で100以上の販売業者にまで拡大しました。

OptoForceは2012年に設立し、人の手の巧妙さが必要なタスクを自動化させるため、産業ロボットに触覚を与える力/トルクセンサーを提供していました。OptoForceは2012年に大学から派生した会社で、ロボット工学からの最新の技術を業界に投入しました。同社のストーリーは、Ákos Tar, Ph.D.およびJózsef Veres, Ph.D.の2名の企業設立者が大学の同じクラスで生体工学とロボット工学を勉強していた、大学のプロジェクトから始まります。2人は、2足歩行のロボット開発するプロジェクトを発足しました。焦点の一つはロボットの感覚を開発することだったので、2人はX-Y-Z軸に沿って脚にかかる力を計測しました。よって2人はより大きな負荷がかかることで、シリコンがその形状を実際に変える層状の構造を開発し、あらゆる方向での測定を可能にしました。OptoForceは、ハンガリーのベンチャー資本家であるDay One Capital、Finext StartupそしてMomentum、さらにUniversal Robotsの前CEOであるEnrico Krog Iversenなどの有名な投資家の投資を受けていました。

Perception Roboticsは、2012年ロサンジェルスで設立され、生物学に学ぶロボット グリッパーを開発していました。これは、ロボットに触覚を与える、大きく平らな物体を取り扱う、ヤモリに触発されたグリッパーとゴム型触覚センサー(「肌」)に適合した触覚グリッパーです。